ファイテンFAN・FRIENDの情報広場 ファイテンFANサイト

ファイテンヒストリー

第4話:日本プロ野球界で最初に契約をさせていただいた、阪神タイガース金本選手

今ではたくさんのプロ野球選手とファイテンは契約を結んでいますが、日本プロ野球界での契約選手第一号は阪神タイガースの金本知憲選手です。

今ではファイテン=金本と言っても過言ではないほど会社の看板になってくれています。

実はファイテンは契約するにあたり一つのこだわりを持っています。

「その選手がファイテンの商品を必要として愛用していること」です。

金本選手は広島に在籍時代からファイテン商品を愛用されていて、特に足のふくらはぎやひざのケアにファイテン商品を活用していることを聞いていました。

私は子供の頃から虎キチで阪神タイガースを応援し続けていますが、2003年星野監督率いるタイガースに広島から金本選手が移籍。

その力強さに導かれるように阪神タイガースはセリーグ優勝を果たしました。

その牽引者であった金本選手には敬服していましたし、また商品を愛用してくれていることに感謝していました。

そんな2003年のオフに金本選手との契約のお話が来ました。私としては即決。

ファイテンを愛用してくれていて、しかも愛称が「鉄人」というくらいですから健康企業にとってもイメージが良いし、人気球団の中心選手です。

この契約が決まるときに大阪のホテルで金本選手と食事をさせてもらいました。

金本選手は豪快な人だと勝手にイメージをしていましたが、とてもシャイな方でまた繊細な気配りをされる方で、何よりも努力を怠らないアスリートだということがわかりました。

金本選手はシーズンフルイニング戦うことをあたり前だと思っている。

そのために自分で自分の身体を毎日ケアすることも欠かさないことがわかりました。

ファイテンを使い始めたのも「いいと思ったものは積極的に取り入れる」というシンプルな理由でした。

このお話を聞いた時、金本選手に広告塔になってもらった嬉しさよりも、金本選手の身体を徹底的にサポートしよう。

金本選手の信頼を得るように努力して効き目のある商品を提供しようと心に決めました。

この姿勢がファイテンのプロ選手をサポートする信念になっています。

「商品を渡すことだけではなく、選手の健康をサポートすること。選手の困っていることを解決してパフォーマンスアップに貢献すること。」

それがファイテンの存在意義だと思っています。

金本選手とともに歩んで、連続フルイニング出場日本記録の達成、世界記録の達成もともに喜び、本当に価値のある記録を間近で見させていただきました。

特に日本記録の前日にデットボールを受け骨折をしてもなお試合に臨んで、片手でヒットを打ったことを思い出します。

金本選手から「出られるかわからない」というメールをもらった担当社員が、会議を途中で抜け出し商品を持って甲子園に駆けつけました。 患部は相当貼れ痛みに耐えていたそうです。

ファイテンのチタンテープを手首に巻いてくれたそうですが、その修羅場を見事にくぐり抜け世界記録の達成へと繋がりました。

ファイテンが少しでも金本選手のお役に立てたならばこれ以上の喜びはありません。

残念ながら現在金本選手は肩をケガされフルイニングも途絶えていますが、現在も怠ることなく金本選手の身体をサポートしています。

必ず復活されリーグ優勝と日本一に貢献してくれると信じています。

※現在選手モデルが発売されていますが、RAKUWAネックに名前を入れるという発想は最初に金本選手から提案がありました。

2004年金本選手のモデルはレッドですが、このカラーはトレードマークにもなりました。現在は金本選手のその年のラッキーカラーで製作をしています。

  • 前のページを見る
  • 次のページを見る

ページの先頭へ